NEWS

FFFからのお知らせ

今行きたいタイの旅! バンコクレポート
Vol1 ロコに人気のスポット

オススメ

Fly from Fukuoka編集部スタッフは
タイ国政府観光庁福岡オフィスの招待で
6月5日〜13日までタイ バンコクとプーケットに
行ってきました。

 

 

気になる入国帰国の隔離などの条件ですが
6月27日現在、タイと日本の間は基本的には隔離がありません。

 

6月1日からタイに入国する際に必要だったタイランドパスの申請も
7月1日からは不要になる予定です。

ワクチンを摂取した人は接種証明(英文)、
ワクチンを摂取していない人は、72時間以内のPCR検査ATK検査などの陰性証明書
が必要となります。

 

 

※7月1日以降の入国に関してはこちら

 

ちなみに日本に帰国する72時間以内にPCR検査をタイで受けて
アプリ「My SOS」に陰性証明書などを登録する必要があります。
(これが結構大変なのですが)

 

何はともあれタイは手軽に行くことができる国のひとつ。

 

7月16日からは福岡空港から待望の直行便・タイベトジェットエアが就航します。

 

今回は、福岡空港〜羽田空港、それからタイのスワンナプーム空港へと
旅立ちました。

数回にわたってレポートしていきます。

 

まず1回目は、タイ・バンコクの今を知る最新レポートとして
ロコ(地元のタイ人)にも人気のスポットから紹介します。

 

 

 

1 チャイナタウン ヤワラートでタイムスリップトリップ

 

 

タイが初めて という方は「王宮」や「ワット・ポー」「エメラルド寺院」「暁の寺」周辺
はやはりおさえておきたいところ。そんな方は下記の「5分でわかる〜」を参照ください。

「5分でわかる、はじめてのバンコク旅行」

 

今回は、2年前に私が訪れて大好きになったヤワラート、
チャイナタウン周辺を紹介します。

 

100年以上前に、当時の富裕層である架橋がアユタヤから
バンコクに移り住んだといわれるチャイナタウン。
「ヤワラート通り」には、さまざまな店が立ち並び
賑やかですが、おすすめは路地裏に点在するウォールアート、カフェ、
古びた家が並ぶ「タラート・ノーイ(Talat Noi)」エリアです。

MRTファランポーン駅から徒歩で15分ほど。
チャオプラヤ川に面した小さなエリアでは、小さな路地を散策しながら
ウォールアートなどフォトジェニックなスポットをまわりましょう。

 

 

いろんなところで撮影スポットがいっぱいある中、チャオプラヤ川を行き交う船を
眺めるスポットでひとやすみ。高級ホテルが並び、
対岸には話題の複合施設「アジアティーク」た「アイコンサイアム」があるんだなあと
バンコクの思い出を思い返しました。
今回は行く時間がなかったけど、またゆっくり行きたいな。

 

 

突如現れる中国寺院や神社にもとてもパワーを感じます。
こちらロンクアク神社(Rong Kuak Shrine)

 

 

 

この祠にもパワーを感じます。

 

古い車をそのまま観光客のために残してくれています。
なんかかっこいいフォトスポットです。

 

そしてここの魅力は、クリエイティブでおしゃれなカフェが点在すること。

2022年にできたばかりという「photohostel  & photocafe」を訪ねました。

オランダ出身の写真家であるKars Tuinderさんが、200年以上経つ建物をリノベーション、
カフェとギャラリーとして楽しめるほか、すてきなホステルとなっています。
ウォーキングツアーに写真のワークショップを組み合わせたフォトツアーも行っているそう。

Photohostel & Photocafe

 

 

ここですっかりまったりしてしまったのですが
この後、市場を通り、ヤワラートの大通りに戻っていきます。

 

今回の旅では、ここから圧巻の迫力点心ランチに行ったのですが。

 

バンコク名物の◯◯、グルメ、夜の楽しい情報は次回vol2で

CONTENTS