タイトル画像:マカオ
Vo.04世界遺産やカジノで楽しさが止まらない
ラスベガスに並ぶカジノシティとして有名なマカオは、約30もの世界文化遺産が点在し、中国とかつて植民地であったポルトガルの文化と歴史が融合しています。南欧の雰囲気漂う街並みや中国の歴史ある寺院など街歩きが楽しく、ノスタルジックな雰囲気も魅力です。それ自体が一つの街のようなホテルリゾートでショッピングやカジノ、スパを楽しむもよし、マカオ料理やポルトガル料理など世界中のグルメを堪能できます。2018年10月にオープンした世界最長・港珠澳大橋やフェリーを利用して香港からアクセスもできます。
  • 福岡国際空港からのフライト時間 約4時間
  • 時差−1時間
  • 初めてでも満喫するなら 3泊4日
  • マカオの世界文化遺産で、マカオの名前の由来となった「媽閣廟」。
    自然のパワーを感じるスポットとしても人気
  • 統合型リゾート(IR)が建ち並ぶコタイ。
    ワールドクラスのホテルステイはもちろん、それ自体が一つの街のようなリゾート内では
    ショッピングモールからエンターテイメント、リラクゼーションまで1日中楽しむことができます
  • マカオの名物・エッグタルト!
    そのほかにも美味しいスイーツや料理がいっぱいなので、ぜひ楽しんで
  • 古きよき風情が残るコロアン。
    焼きたてのエッグタルトを頬張りながら散策したり、
    自然の緑の中や海岸沿いのネイチャーウォークが楽しめます。
    親子パンダに会いに行くのもおすすめ
  • 世界文化遺産「マカオ歴史市街地区」では、市民の生活に溶け込むように
    22の歴史的建造物と8つの広場が点在。人気の聖ポール天主堂跡

MAP

  • SHARE

CONTENTS