タイトル画像:ホーチミン
Vo.13フランス風の街並みとシティクルーズを満喫
ベトナム最大の都市で、経済の中心であるホーチミンは、フランス統治時代の建物も多く残り、「東洋のパリ」と称されています。昼夜多くの店があいているベンタイン市場、ホーチミン人民委員会庁舎や統一会堂、サイゴン中央郵便局など歴史と近代が融合した定番観光スポットをみながら、ショッピングやグルメ、スパを楽しみましょう。ドンコイ通りを中心に徒歩でほとんどまわることができるのも魅力! メコン川クルーズなどの日帰りツアーも楽しめます
  • 福岡国際空港からのフライト時間 約5時間20分
  • 時差-2時間
  • 初めてでも満喫するなら 2泊4日(機中泊1泊)
  • 昼夜いつ行っても活気のあり、2000軒を超えるお店が集まるベンタイン市場。
    雑貨やお土産、ローカルフードも充実しています
  • パリのオルセー美術館をモデルとして作られた、美しい「サイゴン中央郵便局」。
    1891年に完成したフランス領インドシナの郵便・電信施設は、
    館内に入場でき、郵便も出すことができます
  • ベトナム名物、柔らかいフランスパンを使ったサンドイッチ「バイン・ミー」。
    ベトナムの調味料・ヌクマムを使用するなど、独特の風味が味わえます
  • 米粉を使ったベトナムのソウルフード・フォー。
    屋台や専門店、ホテルなどいろんなところで味わうことができます
  • 全長4000km、チベットに源流をもつメコン川クルーズは、
    ホーチミンからの人気のツアー。出発点はミトー、
    手漕ぎボートでヤシの木に囲まれたジャングルをいくジャングル・クルーズが醍醐味!
  • グエンフエ通りに建つ「ホーチミン人民委員会庁舎」。
    夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気に

MAP

  • SHARE

CHECK

CONTENTS