NEWS

FFFからのお知らせ

【福岡・九州で感じる世界】チームラボで世界とつながる

オススメ

なかなか海外旅行に行けない現在、

チームラボは国内をもとより、

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、

シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど

世界各地で常設展およびアート展を開催。

まさに縦横無尽の活躍です。

 

福岡からの直行便の就航地でいうと、

2019年の上海、2020年6月マカオ、

シンガポールのジュエル・チャンギを含む4つ、

今秋にはソウルといったところで人気を集めています。

 

 

 

 

 

シンガポール、ジュエル・チャンギ「呼応する森」

チームラボの国内外の展示

 

チームラボはアートによって、

自分と世界との間にある境界、

時間の連続性に対する認知の境界などを

超えることを模索しています。

 

 

海外旅行になかなか行けない現在、

この夏にオープンした福岡、佐賀・武雄の

チームラボ世界を体験することで、

世界とつながる感覚を楽しめると編集部は考えました。

 

まずは、ご当地・福岡。

福岡PayPayドームに隣接する

BOSS EZO FUKUOKA」には、

20207月に「チームラボフォレスト-SBI証券

(以下チームラボフォレスト)」が常設。

「捕まえて集める森」と「運動の森」が

展示されています。

自分の身体、行為によって変化する

インタラクティブな美しい世界に入り込んでしまいます。

「捕まえて集める森」ではアプリを使って楽しんで

■flyfromfukuoka 編集部スタッフによる

フクリパ BOSS E・ZO FUKUOKAレポート

 

 

 

そして、福岡から特急電車で1時間ちょっと。

佐賀県・武雄で11月まで開催されている

「チームラボかみさまが住まう森」でも

うっとりするほど魅力的な五感体験ができます。

 

会場の御船山楽園は、1845年(江戸時代後期)

に開園した、国登録記念物の名勝地。

今年で6回目を迎え、樹齢300年を超える

大楠があったり、巨石があったりと、

森や庭そのままの形を利用した、

22の作品群が展示されています。

「生命は連続する光 – つつじ谷」この光は人の動きと呼応している

「増殖する生命の巨石」苔や植物が生えた巨石では、
1時間を通して一年間のこの地域の花々が咲いては散って変化していく

 

 

チームラボの作品を観るといつも感じる、

身体ごと作品の世界に入り込んだような「没入感」は、

ここでは自然をありのまま使うことでいっそう

特別な感じに。悠久の時間をも越えるような感覚も味わえます。

「かみさまの御前なる岩に憑依する滝」
実際の巨石に本当の滝のように無数の水の粒子が 流れ落ちていく

「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」
 人間が漕ぐ小舟に影響される魚の動きの軌跡が水面に描かれていく

 

722日のオープン当日には、

チームラボのコミュニケーションズディレクター・

工藤岳さんにお話をききながら園内をまわることができました。

 

この地を実際に何度も歩きながら、

作品を着想していったそうです。

チームラボでは、作品を造る際には、

ディレクターが何か明確な完成図を決めて

それを作るというわけではなく、

例えば「タイムマシーン」を作るように、

今の時点ではわからない、上手く言語化できない何かを

それぞれの専門家がアイデアを出しながら

実現していくのだそうです。

 

私達を優しい気持ちにしてくれる「色」も含めて、

完成するまでにどれだけの時間がかかるのだろう

と思ってしまいます。

 

「森の中の、呼応するランプの森とスパイラル –
ワンストローク、夏の森」人にランプの光が呼応する

「岩割もみじと円相」

「廃墟の湯屋にあるメガリス 」廃墟の湯屋を利用している

 

【チームラボ かみさまがすまう森】

公式ホームページ

#かみさまがすまう森 #teamLab

会期: 2020722日(水)~118日(日)

※時間は時期によって変わるので、事前にチェックを

会場: 御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)

 

今年の新企画として、サウナシュラン2019で

日本一のグランプリを獲得した御船山楽園ホテルの

サウナ「らかんの湯」がコラボレーション。

サウナで五感を呼び覚ますことで、

より研ぎ澄まされた感覚でアートを

楽しめること間違いなし。

森のそよぎや鶏の声もきこえて、

本当に癒やされます。

【御船山楽園 大浴場「らかんの湯」日帰り入浴】
完全予約制/定員制

ホームページ

 

CONTENTS