NEWS

FFFからのお知らせ

福岡空港で世界旅行気分 福岡空港壁画プロジェクト〜Over the World〜

オススメ

4月29日に福岡空港内の壁面に長さ50m、
高さ3mの巨大な壁画が完成しました。

このプロジェクトは、福岡空港の
運営会社である福岡国際空港株式会社が、
アーティスト・ミヤザキケンスケ氏に
壁画制作を依頼し、 2月に福岡空港近くの
席田小学校6年生57名と一緒に
制作をする企画からスタート。

 

「コロナ禍で多くの学校行事が
できなかった小学6年生に、
一生忘れられない思い出を提供したい」
という想いが込められています。

 

ミヤザキケンスケさんは、佐賀市出身、
筑波大学修士課程芸術研究科を終了後、
アーティスト活動をスタート。

国内外で個展やアートプロジェクトを手がける中、
現在世界中で壁画を残す活動「Over the Wall」を
主催しています。

2015年ケニアのスラム街、
2016年東ティモールの国立病院、
2017年ウクライナでのUNHCRとの共同制作、
2018年エクアドルの女性刑務所、
2019年ハイチでの国境なき医師団との共同制作など、
現地の人々と一緒に壁画を作成しています。

■公式サイト MIYAZAKINGDOM

「世界中の困難を抱えた地域や
難局にいる人々を 絵の力で応援したい」
という活動は、日本の各地でも行っています。

 

 

今回の壁画は2月に中央の飛行機部分の15mを
子どもたちと一緒に制作。
1ヶ月間をあけて、4月1ヶ月をかけて完成しました。

 

ミヤザキさんが、今まで手がけた壁画
プロジェクトの中で最もサイズが大きく、
手描きの花を無数に描いたこともあり、
大変だったとのこと。

 

今回のプロジェクトの進行の様子は、
ミヤザキさんのブログに細かく記録されています。

ミヤザキケンスケのOver the Wallな世界

「他のエリアではあまりみられないのですが、
福岡の人は『あれが足りないよ、あれを描いたらいい』
と いろいろ話しかけてくれるんですよ。
反応がよい世界各地のグルメも描き込みました」
とミヤザキさん。

 

福岡から世界に旅立つ空港にぴったりの巨大壁画は、
新しいランドマークになりそう。

 

世界一周気分を味わい、
お気に入りの場所で記念撮影したり、
じっくり時間をかけて細かい部分を
鑑賞することもできます。

 

福岡空港に行く際は、ぜひ寄ってみてくださいね。

フクリパにも詳細を書いています。

 

■福岡空港壁画プロジェクト〜Over the World〜

福岡空港国内線旅客ターミナルビル南端から大阪航空局福岡空港事務所庁舎まで

CONTENTS